「バナナマンのせっかくグルメ」とは、日本全国のおいしい地元メシを紹介する旅番組である。

旅先の地元の人が教えてくれる、「せっかくならばこれを食べたほうが良い」という絶品グルメを食すという番組となっている。

 

テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の調査によると、「バナナマンのせっかくグルメ」10月1日の放送は、接触数23・満足度3.61・録画数を記録した。

この日の放送はバナナマン日村が、北海道釧路の絶品グルメを堪能するという回であった。

 

テレビウォッチャーでは高満足度の基準を3.7と定めているため、惜しくも高満足度には届かなかったが、男女別の満足度を見てみると、男性満足度4.25・女性満足度2.91とっており、男性の満足度は高満足度の基準を大きく超えていることが分かった。

満足度は4.25というのはとても高い満足度であり、回収したアンケートをみると「日村面白い」(34歳男性)「日村さんがおいしそうにたべる」(36歳男性)と日村勇紀の食べっぷりが男性接触者の食欲をそそっていることが分かった。

 

しかし、反して女性満足度は2.91という低満足度となってしまった。

女性のアンケートをみると「バナナマンの日村が釧路で地元の人たちにお勧めのお店を聞いてひたすら食べ歩くという番組で、途中で胸やけがして消しました」(49歳女性)という意見が出ており、女性にとっては、日村勇紀の食べっぷりは、低満足度の原因になってしまったようである。

 

バナナマン日村は男性にとっては、とても愛されるべきキャラクターであるが、まだまだ女性には受け入れられていないようだ。つまり、まだまだ伸びしろが残されているということである。

 

今は高満足度芸人となった出川哲朗も昔は「抱かれたくない芸人」で殿堂入りするといった女性から受け入れられない芸人であった。

 

バナナマン日村が女性からの好感度を獲得できるようになったとき、更なる飛躍がまっているのだろう。