テレビウォッチャーでは、2017年秋ドラマの期待値を男性977人女性919人の計1896人から集計した。

 

1位 ドクターX ~外科医・大門未知子~ 平均期待値3.12

 

秋ドラマ期待値調査トップは、米倉涼子の大ヒットシリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が輝いた。

シリーズ5作目となった今作も、高い期待を寄せられているようだ。

「ドクターX」はテレビウォッチャーが回収している満足度調査でも、常に高い満足度を獲得しており、今作も期待できる。

ストーリー的にもフォーマットが出来上がっていることで、安定して見ていられるのも、期待できる要因のひとつだろう。

米倉涼子が、また視聴者をスカッと気持ちよくさせてくれることだろう。

 

2位 陸王 平均期待値2.94

 

次点は、日曜劇場「陸王」となった

陸王は、池井戸潤原作のドラマということで、同じ日曜劇場枠で放送されていた「半沢直樹」「下町ロケット」に次ぐ作品ということで期待が高まった。

特に陸王を見たい理由では、「あらすじが面白そう」が31.5%ともっとも高い比率を得ている。

陸王のあらすじは、老舗足袋業者「こはぜ屋」の社長・宮沢紘一(役所広司)が、会社の存続をかけて足袋製造で培った技術を生かし“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」を開発する物語となっている。

また、今もっとも勢いのある俳優竹内涼真と山崎賢人も出演するなど、出演者にも注目が集まっている。

 

3位 監獄のお姫さま 平均期待値2.91

 

3位には、宮藤官九郎脚本ドラマ「監獄のお姫さま」がランクインした。

見たい理由では「あらすじが面白そう」が33%、「出演者が良さそう」が32%と、あらすじと出演者の魅力に期待が高まっている。

「監獄のお姫さま」は女子刑務所の中という過酷な状況でたくましく生きる女たちの群像劇となっており、その女子刑務所で奮闘する女性を小泉今日子や菅野美穂といった豪華女優陣がつとめている。

「脚本家や監督など製作している人がすき」は12.7%となっているが、他のドラマと比較すると高い数値となっており、宮藤官九郎のネームバリューの高さがうかがえた。

 

これらの期待値が満足度につながっていくのか、秋ドラマが楽しみである。