テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査によると、香取慎吾と草なぎ剛が二人でロケに出た10月4日放送の「おじゃMAP!!SP」が高満足度を記録したことがわかった。

 

テレビウォッチャーの調査によると、4日の放送は、接触数102・満足度3.98・録画数32を記録。

 

今年4月から10月までの同番組平均値は、平均接触数39.2・平均満足度3.61・平均録画数7.となっており、4日の放送が通常放送を大きく上回る数値を記録しているのがわかる。

 

それもそのはず、この日の放送は草なぎ剛が行きつけのジーンズショップやギターショップをテレビ初公開し、雨の中で路上ダンスライブを行い、ラジオの風景を撮影するなどといった、ジャニーズ事務所にいた頃にはあり得なかった、香取慎吾と草なぎ剛のプライベートに迫る放送となった。

 

そんな2ショットに「素の二人の姿が見れて面白かった。ぜひ続編が見たい」(49歳女性)「初の二人ロケ、楽しかった。次回があったらいいな」(54歳女性)と既に続編を望む声が多く見られた。

 

「おじゃMAP!!」はテレビウォッチャーが集計した、7月期クールのフジテレビ満足度ランキングでも2位と7位に食い込んでおり、フジテレビにとっての貴重な高満足度番組となっている。

 

ジャニーズ事務所を飛び出して、現在唯一のレギュラー番組だが、満足度的な数値を見る限りでは、安泰のようである。