「さまぁ~ずの神ギ問」とは、視聴者などから疑問を集め、さまぁ~ずのふたりとゲストが本当に知りたい!と思った疑問だけ『神ギ問』として採用し、テレビの力を使ってとことん調べるというバラエティ番組である。

 

元々深夜で放送されていたが、日曜昼の放送へと移動。そして、10月21日からは土曜19時のゴールデンへと昇格した。

 

ゴールデン一発目では岡村隆史がゲストとして出演し、学校の先生から集めた様々な疑問の中から、さまぁ~ずと岡村隆史が気になった疑問を詳しく解明した。

 

テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)によると、ゴールデン一発目の放送は、接触数26・満足度3.58・録画数14を記録。昼放送時代の本年度平均値満足度は3.34だったので、満足度は上昇したことになる。

「ゴールデンに昇格してうれしい。面白いので」(41歳男性)と、昼放送から見続けていた番組ファンの意見も見られた。

 

ただし、「昼にやっていた方がコンパクトでテンポがよく良かった。ゴールデンSPにしたら間延びした」(50歳女性)という意見も見られた。

ゴールデン進出番組には度々見られる問題だが、大衆向けになったために、番組本来の魅力が薄れるという危惧が、「神ギ問」でも見られた。

 

元々「さまぁ~ずの神ギ問」では、視聴者の疑問を『神ギ問』と『グ問』に分類し、『神ギ問』に関しては徹底的に調べるものの、『グ問』に関しては一切調査をせず、「スマホ片手に見てください」がキャッチコピーの番組であった。

 

しかしゴールデンに進出し、『神ギ問』に選ばれなかった疑問も、簡単にではあるが解説してしまっている。

些細なことではあるが、昼の放送時代から見ている人からすると、寂しさを感じる部分でもある。

 

「さまぁ~ずの神ギ問」にはゴールデンに進出して成功してもらいものの、番組スタンスを変えて欲しくはないというのが、番組のファンからの願いではないだろうか。