2017年秋ドラマも出揃い、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)による初回満足度が出た。

テレビウォッチャーでは高満足度の基準を3.7と定めており、初回満足度が高満足度を達成したのは以下の5作品である。

 

1位 満足度4.05 「コウノドリ」 主演、綾野剛

2位 満足度3.98 「陸王」 主演、役所広司

3位 満足度3.92 「ドクターX」 主演、米倉涼子

4位 満足度3.85 「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」主演 沢村一樹

5位 満足度3.72 「奥様は、取り扱い注意」 主演、綾瀬はるか

 

視聴率では他局を圧倒しているテレ朝ドラマをおさえ、TBSのドラマ2番組がトップとなった。

 

「コウノドリ」は、綾野剛が主演の産婦人科がテーマの物語である。出産の素晴らしさだけではなく、辛さや現実をしっかりと描いており、涙なくしては見られない作品となっている。

出産を経験したことの無い男性でも、心に刺さる台詞も多く、男女ともに高満足度を記録している。2015年に放送された前作に引き続き、高満足度をキープした。

 

2位には池井戸潤原作の日曜劇場「陸王」がランクインした。「陸王」は、100年続く廃業寸前の老舗足袋屋が、そのノウハウを使って陸上用のシューズを開発するというサクセスストーリーであり、池井戸潤原作らしく弱者が復活していくという物語となっている。

 

「コウノドリ」の前作が放送された2015年10月期には、池井戸潤原作の「下町ロケット」が放送されていた。

そのときは、「コウノドリ(2015)」平均満足度4.15「下町ロケット」平均満足度4.23と、「下町ロケット」が満足度対決を制している。

今回は、前作では敵わなかった池井戸潤原作ドラマへのリベンジマッチとなったわけである。

 

今期の満足度対決は「コウノドリ」と「陸王」に注目である。