11月3日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は、恒例企画となっている、社交ダンスの世界選手権が放送された。

 

結果は、多くの人が知っている通り、日本人最高位の7位入賞と、堂々たる記録を残した。

大会前までは、世界ランク89位であったキンタロー。・ロペスペアが、まさかの快挙を成し遂げたのだ。

 

元々社交ダンスをしていた芸人のキンタロー。だが、4年前『金スマ』の企画で社交ダンスを再開。父親の死別など幾多の困難を乗り越えての結果であった。

 

その感動は、視聴者にも確かに伝わっていた。

 

テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の調査によると、この快挙を成し遂げた「中居正広のキンスマスペシャル」は接触数109・満足度4.06・録画数12を記録。テレビウォッチャーが定める高満足度の基準3.7を大きく上回る満足度を叩き出した。

 

回収したアンケートでも「キンタローペアはとても上手かったと思います。最終6組に入れなかったのは残念ですがすごいことだと思います」(50歳女性)「踊るときのキレがすごくて、見入ってしまったし日本人でここまでこられたのはすごいなと感じた」(27歳男性)と、キンタロー。・ロペスペアのひたむきな姿に感動したという声が相次いだ。

今後の活躍にも目が離せないだろう。

 

TBSでは、「炎の体育会TV」でオードリーの春日がエアロビで全国大会に出場するなど、芸能人の多岐にわたる挑戦が目立つ。

 

芸能人による果敢な挑戦シリーズは、TBSの人気コンテンツになっていくかもしれない。