関ジャニ∞の新番組「ペコジャニ∞!」の初回放送が、満足度3.71を記録し高満足度発進であったことが、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査で明らかとなった。

 

「ペコジャニ∞!」とは、月曜22時から放送されているグルメ番組であり、関ジャニ∞にとってTBS初の冠番組となっている。

番組認定の「芸能界グルメ四天王」(堺正章、石塚英彦、寺門ジモン、渡部建)とゲストとして参戦する「芸能界新グルメスター」に加え「関ジャニ∞のメンバー2人と専門家」の計3組が、それぞれ日本一おいしいと思う一品をプレゼンする。

そのプレゼンしたメニューに対してゲストが食べたいと思った一品を投票。

最終的に多数決で1位になったメニューを選んだ人のみが実際に食べられるというグルメバラエティーである。

以前放送されていた「どっちの料理ショー」に近い放送形式となっている。

 

テレビウォッチャーの満足度調査によると、関ジャニ∞は高満足度グループであり、満足度に関しては他のジャニーズグループの冠番組よりも高い数値を記録している。

 

番組宣伝として関ジャニ∞の横山・渋谷・村上が出演した「櫻井・有吉THE夜会」も満足度3.77と高満足度を記録しており、関ジャニ人気が高まっていることが見て取れる。

 

だが、安心は出来ないだろう。

 

11月6日の「ペコジャニ∞!」2回目の放送は満足度3.62と高満足度の達成がならず。特にF1層(20~34歳女性)の満足度が低くなってしまった。

 

最も満足度が獲得出来るはずの若い女性層の満足度が低いということは、当番組が関ジャニの魅力を伝えきれてない可能性が高い。

逆に言えば、F1層の満足度が上昇すればもっと高い満足度になるということだ。

 

裏番組には「しゃべくり007」という人気番組がある枠なだけに苦戦は強いられるかもしれない。しかし、高満足度グループ関ジャニ∞の魅力を引き出すことができれば、新たな人気番組になれる可能性を秘めているだろう。