10月期ドラマも中盤に差し掛かり、物語も盛り上がりを見せ始めている。

そんな中、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)による調査で初回満足度トップ3を記録した「ドクターX」「陸王」「コウノドリ」の満足度がどのように変化したのか、調べてみた。

 

まず、初回満足度は「ドクターX」満足度3.92「陸王」満足度3.98「コウノドリ」満足度4.05を記録しており、視聴率トップの「ドクターX」を抑えて、TBSのドラマ「陸王」と「コウノドリ」が一歩上をいった。

 

そこからひと月半が経過した11月12日放送分までの平均満足度を見てみると、「ドクターX」5話までの平均満足度3.93「陸王」4話までの平均満足度4.06「コウノドリ」5話までの平均満足度3.98となった。

 

「ドクターX」は0.01ポイントであるが上昇。2話では満足度3.86と下がってしまったものの、そこからは上昇し5話では満足度4.00と最高満足度を記録しており、そのことが満足度上昇の決め手になったようだ。

 

「コウノドリ」に関して見ると、高い満足度をキープしているものの初回放送からは下がってしまった。

「コウノドリ」は女性満足度が高いものの、男性満足度は高満足度に達しておらず、全体的に満足度を下げてしまったようだ。

 

そして、初回満足度では「コウノドリ」から遅れを取ったものの、平均満足度で逆転してみせたのが「陸王」である。

「陸王」は男女問わず全世代から高い満足度を獲得しており、F2層(35~49歳女性)を除いた全ての層が満足度4.00以上を提示している。満足度も上昇しており、2話目以降は満足度4.00以上をキープし続けている。

 

中間報告では「陸王」が満足度トップに躍り出た。今期のドラマは豊作なため、今後の展開も楽しみである。