テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査により、201710月期ドラマの満足度が出揃った。

主要ドラマの満足度ランキングは以下のとおりである。

 

1位 平均満足度4.12 「陸王」

2位 平均満足度3.98 「コウノドリ」

3位 平均満足度3.94 「ドクターX~外科医・大門未知子~」

4位 平均満足度3.85 「刑事ゆがみ」

5位 平均満足度3.80 「相棒 season 16

 

10月期のドラマ満足度で、見事トップに輝いたのは、日曜劇場「陸王」であった。

「陸王」は、「池井戸潤原作×日曜劇場(TBS)」という半沢直樹と同じ組み合わせがまだまだ世の中に受け入れられていることを確認させた。今、最も高満足度が期待されるドラマ枠「日曜劇場」には、今後も注目である。

 

2位には産婦人科医の現実に迫った社会派ドラマ「コウノドリ」がランクイン。

TBSのドラマが1位と2位に輝き、10月期ドラマ満足度はTBSが他を圧倒した。

プライム帯ドラマのテレビ局別平均満足度を見ても、TBS平均満足度3.93を記録し、民放5局でトップとなっている。

 

また、10月期満足度ランキングは、続編ドラマが強いランキングとなった。

トップ5のうち、「コウノドリ」「ドクターX~外科医・大門未知子~」「相棒 season 16」が続編ドラマとなっており、「陸王」も池井戸潤原作という括りにするならば、シリーズと言えなくもない。続編・シリーズ物が高い満足度を獲得したことになる。

 

20181月期のドラマでは2クールドラマである「相棒」「科警研の女」が引き続き放送され、新たに松本潤主演「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」が続編ドラマとなって復活。2016年放送の「99.9-刑事専門弁護士-」も満足度3.95の高満足度ドラマとなっており、続編も高満足度必至だろう。

 

2018年のドラマはこれらの続編ドラマを押しのける高満足度ドラマが出てくるのか、楽しみである。