テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査によると、16日放送の「有吉弘行のダレトク!?」が満足度3.83を記録。高満足度を獲得したことが分かった。(高満足度の基準は3.70以上)

 

2017年に放送された「有吉弘行のダレトク!?」平均満足度は3.60となっており、今回の満足度が高いことが分かる。

 

16日の「ダレトク」の企画は【丸亀製麺没メニュー】と【ポーカー世界大会参戦】であった。

【丸亀製麺没メニュー】とは、丸亀製麺の新メニュー開発で諸事情によって没となったメニューを出演者が食べて、一番良いと思った商品を期間限定で復活させるという企画である。

この没メニュー復活企画は、「ダレトク」では恒例の企画となっており過去にはデニーズ、牛角などの企業でも行ってきた。

だが、没メニュー復活企画が放送された回の満足度を見てみると高満足度を達成した回はなかった。

 

つまり、16日の放送で高満足度にひと役買ったのは【ポーカー世界大会参戦】だということだ。

この企画では、小柳ルミ子とプロポーカープレイヤーである木原直哉がポーカー世界大会へ参戦し、密着した。

ポーカーの世界大会という聞きなれない大会への関心は高く、「プロポーカーがいたのもびっくりしたし、ポーカー面白そうだった」(29歳男性)「ポーカーでプロがあるなんて知らなかった!」(34歳男性)という意見が見られた。

 

「ダレトク」の新しい企画への挑戦が、高満足度を引き寄せたようだ。