128日に、テレビ朝日にて「しくじり先生」がフジテレビでは「ジャンクSPORTS」の特番が放送された。

 

著名人の失敗体験から学ぶという趣旨の番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は、2017年の9月に惜しまれつつも終了したが28日に特番として復活。テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の31日集計速報調査によると、触数84・満足度3.57・録画数30を記録した。

 

一方、浜田雅功が司会を務め、スポーツ選手のプライベートや知られざる実態を探るトークバラエティ「ジャンクSPORTS」もレギュラー放送が終了した後、不定期特番や「スポーツジャングル」と名前を変えて放送されていたがレギュラーとして復活した。28日放送のレギュラー復活回は、テレビウォッチャーの調査によると、接触数68・満足度3.57・録画数24を記録した。

 

ふたつの番組を比較すると、満足度は3.57と両番組とも同数値を記録したが、接触数と録画数に関しては「しくじり先生」が上回った。

 

また満足度3.57は決して低い数値では無いものの、同時間帯に放送された日本テレビの人気バレティ「ザ!鉄腕!DASH!」は満足度3.70を「世界の果てまでイッテQ!」は満足度3.82と高満足度を記録しており、貫禄を見せている。

 

今後レギュラーとして放送される「ジャンクSPORTS」がこの人気バラエティに対抗し、日本テレビの牙城を崩すことが出来るのか、注目していきたい。