21日放送「ダウンタウンなう」に広瀬アリスが登場。その特殊な趣味を明らかにした。

 

「ダウンタウンなう」とは、ダウンタウンのふたりと坂上忍がゲストと一緒にお酒を飲みながら、その人の本音に迫ろうというバラエティ番組である。

 

21日の回では、広瀬アリス、菊池桃子、HIKAKIN、がゲストであった。テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査によると、満足度3.77を記録。テレビウォッチャーが定める高満足度を達成した。

 

HIKAKINと菊池桃子もそれぞれのプライベートな部分や、仕事の悩みなどを赤裸々に告白し、「菊池桃子は可愛い」(51歳女性)「もう少しHIKAKINを見たかった」(40歳女性)と好評な意見があったが、この日の主役は広瀬アリスであった。

 

広瀬アリスは、究極のマイペースであることや、内蔵や臓物がテーマの漫画が好きであることなど、闇を覗かせるようなトークとなった。

 

そんな広瀬アリスの闇を垣間見てしまったことに関して、「広瀬アリスちゃんの女の子らしくない内面が面白かったし、意外だった」(25歳男性)「アリスの闇が気になった」(55歳女性)という意見が多く、高満足度の決め手となったようだ。

 

妹である広瀬すずの存在が大きすぎてかすみがちになってしまう広瀬アリスだが、その魅力は確かに伝わっているようだ。