松本潤主演「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」の4話の満足度が4.00を記録したことがテレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査によって分かった。

 

99.9-刑事専門弁護士-」は初回満足度から3.97と高い満足度を記録し、今期放送のドラマでは最高値を記録。

2話では前シリーズから引き継いていた深山(松本潤)の父親の事件の真相が解決するという重要な回となり、満足度4.03を記録し、4話までの時点での最高満足度となっている。

 

3話では3.98と若干下がったものの高い数値をキープし、4話では再び上。満足度4.00を記録した。

 

テレビウォッチャーでは高満足度の基準を3.70と定めており、「99.9-刑事専門弁護士-」の満足度は特出して高くなっていることがみてとてる。

 

テレビウォッチャーが回収した「99.9-刑事専門弁護士-」への意見を見てみると「テンポが良く面白かった」(49歳男性)「ダジャレがおもしろい。テンポが良くて楽しめる」(45歳女性)「上司をからかっているときの松潤の輝きが演技というより本気で好きそう。2人のやり取りが面白い」(32歳男性)とドラマのテンポの良さをあげる意見が圧倒的に多く見られた。

 

弁護士ドラマという、難しく暗くなりがちなテーマの中に、ダジャレやアドリブといったコミカルな要素を多く含んでいることが、視聴者にうけているようだ。

 

今期のドラマで、接触数、満足度、録画数のすべてに置いてトップを突っ走る「99.9-刑事専門弁護士-」。その勢いはおさまりそうもない。