松本潤主演ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII-」の勢いが止まらない。

 

99.9-刑事専門弁護士-」とは、起訴されると99.9%の確率で有罪判決が出るといわれている刑事裁判に関わる弁護士の話である。

 

5話では実際に起こった事件をモチーフにストーリーが構成されていた。裁判官と検察が結託し、無実の少年を有罪へと誘導するようなストーリーとなっており、裁判官への信頼を疑問視する内容となっていた。

ドラマから視聴者への問題提起と思える内容に対し、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)のアンケートでも「実際の裁判でも このように検事の作戦に被害者本人が証言を左右させるなどという事が有るのでしょうか?不安になります。」(65歳女性)と、このドラマがきっかけで司法の制度や裁判官への信頼性に関して考えたという意見が多く見られた。

 

テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の調査によると、「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII-5話までの平均満足度は4.03を記録しており、2018年冬ドラマの中で最も高い数値を記録。5話が記録した満足度4.15は同ドラマの最高満足度となっている。

 

コミカルな要素の中にもしっかりと社会への問題提起を盛り込んだ内容や演出が、幅広い世代に受け入れられているようだ。

 

満足度だけではなく、接触数(視聴数)に関しても1話接触数172から数値は右肩上がりに上昇を続け、5話では接触数245を記録。ピョンチャン五輪にも影響を受けずに、順調に数値を伸ばしており、その勢いが留まるところを見せない。