香取慎吾と山崎弘也(アンタッチャブル)が街を訪れて地図を作り上げていくという企画からスタートし、様々な企画を経てきた「おじゃMAP!!」が6年の歴史に幕を下ろした。

 

最終回ではイタリア・ヴェネチアへと行き、香取慎吾行きつけのホテルや世界最古のカフェなどを巡る豪華絢爛な旅となった。また、共演者にも携帯電話の番号を教えないことで有名な香取慎吾が、最終回で山崎弘也に電話番号を渡すというサプライズも行われた。

 

更に、その模様を公募によって選ばれた家庭に“おじゃま”し、一般人と一緒に見るという試みが行われた。

 

テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)が集計したアンケートによると「最終回スペシャルで訪れたイタリア・ヴネチアに行ってみたくなった」(40歳男性)「イタリアの旅がゴージャスで普段見られない場所が見られて、特に香取君の旅が見られて良かった。たまに不定期でスペシャルやればいいのに」(51歳女性)と香取慎吾と山崎弘也の最後の旅ロケは好評な意見が多く見られた。

 

しかし、「おじゃMAP!!」最終回は接触数99・満足度3.48・録画数21と、テレビウォッチャーが定める高満足度の基準3.7を大きく下回ってしまった。

先日放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」の最終回満足度が3.55だったので、更に下回ったことになる。

 

その原因は、番組の魅力のひとつである自由さが、最終回らしさを奪ってしまったかのようだ。「最終回らしくない感じでグダグダで面白くなかったです」(41歳女性)という意見も多く見られた。

 

「とんねるずのみなさんのおかげでした」「おじゃMAP!!」と番組終了が相次ぐフジテレビだが、なかなか上手い着地点を見極められずにいるようだ。