331日放送の「陸海空 地球征服するなんて」にて、名物ディレクターであるナスD(友寄隆英)の無人島生活がついに完結した。

 

もともとは、20171229日に放送された『よゐこの無人島0円生活2017』にて行われた23日の無人島対決だったのだが、ナスDの活躍が破天荒過ぎたため、ナスDを中心に編集した未公開シーンが「陸海空 地球征服するなんて」にて断続的に放送されていた。

 

それもそのはず、不眠不休で家作り、素潜りによる漁、料理を繰り返し、最終的には23日では収まりきらず延長するという破天荒ぶりであった。

331日の放送では撮影スタッフが寝落ちするという衝撃映像まで飛び出し、編集が追いつかなったことも納得できる、濃い内容となっていた。

 

通常のテレビの枠を飛び越えた放送に、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)が集計したアンケート調査でも「大好きな番組、ナスDは超人だと思う」(29歳女性)「ナスDは超人ということを確信しながら見ていた」(33歳女性)と絶賛の声が多く見られた。

 

3ヶ月以上にわたる断続的な放送となったことで、さすがに「ナスDの無人島生活をいつまでも伸ばしすぎ、また部族アースが見たい」(42歳弾性)という意見もあったが、それでもテレビウォッチャーの満足度調査では、満足度3.75と高満足度を記録した。(高満足度の基準は3.7

 

まるでドキュメンタリーを見ているようなナスDの衝撃映像に、まだまだ熱は収まってはいないようだ。