43日放送「火曜サプライズ」に中居正広がゲスト出演し、アポイントメントを取らずに自由に街をロケする企画『アポなし旅』を行った。

 

普段はMCとしての立ち位置が多い中居正広がゲストというのも珍しいが、更に滅多に見ることが無い街ロケでの撮影となった。

その行動は自由すぎており、たまたま歩いていた大学生を捕まえて、お店の撮影許可を頼みにいかせるといったことや、リサーチもせずに目に入った飲食店に気ままに入っていくなど、普段の「火曜サプライズ アポなし旅」では見られない行動を繰り返し、司会のウエンツ瑛士をタジタジにさせていた。

 

テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の調査によると、中居正広が自由さを全開にした3日放送「火曜サプライズ」は接触数111・満足度3.36・録画数14を記録。

接触数に関しては100以上を記録しており、流石は中居正広と言えるところだが、満足度に関していえば高満足度の基準3.70を大きく下回り、低満足度となってしまった。

 

アンケートをみると「中居がゆるくてよかった」(42歳男性)「中居さんのわがまま感が良かった」(57歳男性)と中居正広の自由奔放さに好感を持つ意見がある一方で「中居の暴走っぷり、見てて気持ち良くはなかった」(47歳女性)「ふざけすぎて白けた」(61歳女性)と否定的な意見も多く見られ、賛否が分かれたことが、低満足度に至った要因だと思われる。

 

中居正広は、普段であれば深夜帯の放送では悪ふざけが多く、ゴールデン帯の放送では進行を重視しており、キャラクターを上手く使い分けているイメージがある。42日深夜放送の「なかい君の学スイッチ」では自由な行動をとっていたが、満足度3.83と高満足度を記録している。

 

今回はゲスト出演ということや、プライベートでも仲の良いウエンツ瑛士と一緒ということもあってか、ハメを外しすぎたようだ。