テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)による、3月の番組満足度ランキングが出た。なお、集計したのは、接触数50以上であり、同一番組名が2番組以上ある場合、最高の数値を採用した。

 

1位 「アンナチュラル」満足度4.21

2位 「ガイアの夜明け」満足度4.19

3位 「激レアさんを連れてきた。」満足度4.12

4位 「金曜ロードSHOW!「トイ・ストーリー3」」 満足度4.09

5位 「99.9 SEASONII」 満足度4.08

 

1位には、ドラマ「アンナチュラル」の最終話が満足度4.21で最高満足度となった。

「アンナチュラル」は、爆発的な満足度上昇を見せたドラマであり最終話で満足度が最高潮に達したことで、3月満足度ランキングでトップに躍り出た。

2018年冬を代表するもうひとつのドラマ「99.9刑事専門弁護士 SEASONII」は爆発力では劣ってしまったものの、安定した高満足度を記録しており5位にしっかりとランクインしている。

 

2位には経済番組「ガイアの夜明け」の313日放送『もったいない国ニッポンのウソ』がランクイン。番組内では、食品廃棄と向き合い悪戦苦闘する社長を取材し、物を大事にするという国民性をうたってきた日本人に、食品ロスという大きな問題提起が行われた回であった。

こころに刺さる内容が高満足度を獲得した要因のようだ。

 

そして、3位にはテレビ朝日のバラエティ番組「激レアさんを連れてきた。」がランクイン。バラエティ番組として最高満足度を獲得した。

「激レアさん」は、珍しい体験をした人を呼び、その体験談を面白く解説する番組だが、最も注目されているのは、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーの魅力である。

弘中アナウンサーの毒舌で奔放な姿を楽しみにしている人が多く、ついにバラエティ番組最高満足度となった。

 

放送局でみると1位「アンナチュラル」5位「99.9刑事専門弁護士」6位「水曜日のダウンタウン」と、TBSがトップ10以内に3番組がランクインし、最多となった。

ドラマの躍進が、TBSの満足度を押し上げているようだ。