話題の異質ドラマ「おっさんずラブ」の第1話が421日に放送された。

 

「おっさんずラブ」とは女好きだけど、まったくモテない33歳のおっさん・春田創一(田中圭)突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、

同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)から求愛される様を描いた異質のドラマである。

 

少女漫画で行われるような胸キュンなやり取りをおっさん同士で行っている姿は、見る人を大いに惑わせており、「気持ち悪くてイライラした」(37歳女性)という意見の一方「田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、大塚寧々と配役がこのドラマにぴったりの俳優さんたちで噴出してしまうほどおかしかった。続きが楽しみだ」(63歳女性)と賛否の意見が見られ、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査では満足度3.59と惜しくも高満足度は逃してしまった。(高満足度の基準は3.7

 

だが、F1層(2034歳女性)は、この異質なドラマに大きな反応を示した。

「男同士の恋愛、腐女子としてとても気になるしおもしろかったから」(30歳女性)など、おっさん同士のやり取りに好意的な意見を持っており、F1層の満足度は4.20と超高満足度を記録した。

 

この春いちばんピュアな恋愛ドラマに注目が集まっている。