めちゃイケの後継番組として始まった「世界!極タウンに住んでみる」の初回SP55日に放送され、高満足度を記録したことがテレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査でわかった。

 

「世界!極タウンに住んでみる」とは、番組スタッフが極端に変わった町「極タウン」に実際に住んでみることで分かることをリサーチするという番組である。

 

長年フジテレビを支えてきた土曜8時枠を引き継いだ番組ということで、注目や期待を背負っての放送となったが、初回放送は満足度3.77と高満足度を記録し、好スタートを切った。(高満足度の基準は3.7

 

55日の放送では、中国で最近発見されたという村人全員がカンフーを使えるという「カンフー村」、ペルーの砂漠の真ん中にある「オアシスの村」に実際に住み、そこで生活をしている人と触れ合った。

 

「カンフー村」では女性スタッフが村人に受け入れられていく姿を見ることができ、心温まる映像となっており、「オアシス村」では男性スタッフが何度もぼったくりにあうなど、文化の違いを痛感する映像となっていた。

 

テレビウォッチャーが回収したアンケートでは「録画します!無茶苦茶面白かった!新人adさん、大変だけど頑張ってください!ペルー人のずる賢さは気を向つけないとだわー」(37歳女性)「想像より面白かった」(44歳男性)と好評な意見が多くみられた。

 

また、知られざる村を紹介するという番組の趣旨も見事に果たしており「中国のカンフー村は訪れたいと思う。砂漠の湖では買わなくていい物、タクシー・ボート代金はノーと言うべき。日本ではそんなことないし、文化の違いを感じる。参考になった」(60歳女性)「世界の知らない場所を見られることは有意義で、そこでの文化の遅れを知ることにより、日本に生まれ育ったことに感謝できる」(60歳女性)と他国との文化の違いを感じ取った人が多かったようだ。

 

めちゃイケの後継番組として様々な意見が飛んでいるが、「世界!極タウンに住んでみる」は高満足度を獲得し上々のスタートを切ったことで、今後の放送にも期待を持てそうだ。