15日に放送された「マツコの知らない世界SP」では【シュウマイの世界】【東京ディズニーランドの世界】【下水道の世界】の三本立てでの放送となった。

 

その中でももっとも注目を集めたのは俳優・風間俊介が熱弁を振るった【東京ディズニーランドの世界】である。

 

15日の放送では、通常のディズニー特集番組が取り上げるような隠れミッキーパレードの穴場スポットといったことには触れず、普通であれば見逃してしまうトラッシュカン(ゴミ箱)にスポットを当てるといった一風変わったディズニー特集となった。

 

更に23年間連続で年間パスポートを更新し続けているという風間俊介の熱量は凄く、『みなさんはまだ、パフェのクリーム部分しか食べていない』や『レストランひとつひとつも、僕はアトラクションだと思う』などの名言も飛び出した。

 

テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)が集計したアンケートによると、「風間くんのディズニー愛が怖いくらい伝わってきた」(37歳女性)「風間くんのディズニーの話、面白すぎて もっと聞きたかった。短すぎた」(55歳女性)と風間俊介のディズニー愛に驚嘆と絶賛を贈る声が多く見られ、満足度も3.79と高満足度を達成。

「最近ディズニーランドに行っていなかったので、行きたくなりました」(40歳女性)という意見も見られ、風間俊介のディズニー愛は多くの視聴者にディズニーへの意欲を刺激したようである。