14日にテレビ東京にて放送された「運動会!ザ・ワールド 世界でニッポンの運動会やってみたらどーなる!?」が高満足度を達成したことが、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の調査で明らかとなった。

 

同番組はタイトルのとおり、日本特有の“運動会”という文化を海外の子供たちに行ってもらうというもので、今回は中米のグアテマラとアフリカのマラウイの学校を訪れた。

テレビ東京の得意な海外と日本の融合に目を向けた番組となっている。

 

テレビウォッチャーの満足度調査によると、同番組は満足度3.72を記録し高満足度を達成。新しい企画が当たったことがわかる。

同時に回収したアンケートでも「子供たちが運動会を楽しんでいたようなのでよかったです。運動会をやったことのない国でやろうという発想が面白いと思いました」(42歳女性)「海外の子供たちが運動会の練習、本番に取り組む姿に心打たれて日本で当たり前の運動会を一生懸命にやってほしいなと感じました」(27歳女性)と絶賛の嵐であり、否定的な意見は一切見られなかった。

 

テレビ東京では「YOUは何しに日本へ」「世界!ニッポン行きたい人応援団」など外国人を通して日本の魅力を再確認する番組が多く、「運動会!ザ・ワールド 世界でニッポンの運動会やってみたらどーなる!?」という新しい企画でもヒットした。

 

企画で勝負するテレビ東京の躍進は続きそうだ。