田中圭主演による異質ドラマ「おっさんずラブ」が好調を続けている。

 

「おっさんずラブ」とは、田中圭、林遣都、吉田鋼太郎の三角関係を描いたドラマである。ボーイズラブではなく、登場人物が中年ということで「おっさんずラブ」となっている。

 

「おっさんずラブ」は深夜ドラマということで接触数(視聴数)は低いものの高い満足度を記録しているドラマであり、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査によると、4話までの平均満足度は3.87と好調となっている。

特に若い女性の支持を集めており、F1層(2034歳女性)の平均満足度は4.66と驚異の高満足度を誇っている。

 

ドラマの性質上女性の人気が高いドラマではあるが、ドラマの話題が高まるにつれ男性にも支持を集めているようで、テレビウォッチャーの調査によると4話にて男性接触数が同ドラマの最高値を記録した。

 

男性同士の恋愛ということで、男性接触者は敬遠しがちなテーマではある。しかし「おっさんずラブ」は、良い年をした中年の男性が本気で恋愛をしており、その一途で愚直な姿は男女の垣根を越えて、笑いと共感を与えているようだ。着実にファンを増やしている。

 

4話のラストでは、春田創一(田中圭)が牧凌太(林遣都)にバッグハグをするという衝撃展開で終わっており、5話でも大きな展開がありそうだ。

 

「おっさんずラブ」は今期もっとも注目の異質ドラマである。