話題のドラマ「おっさんずラブ」の6話満足度が4.07という超高満足度を記録したことが、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の満足度調査によって分かった。

 

付き合うことになった春田(田中圭)と牧(林遣都)だが、衝動的に深く考えず付き合うことを決めた春田と、ゲイが付き合うことのリスクを実感している牧との間で気持ちのすれ違いがあり、同棲を解消。別れてしまった。

牧の決断に対し「林さん演じる牧があまりに切なくて泣けた」(31歳女性)などの意見が見られ、その切なさに感動したという意見が多く見られた。6話はコメディ色の強い「おっさんずラブ」にしてはシリアスな展開が多く見られた回であった。

 

だが、しっかりとコメディ要素も充実している。

6話ラストでは突然1年後へと時間が経過。そこでは春田と黒澤(吉田鋼太郎)が同棲をしているという衝撃の事実が明かされた。

同ドラマのコメディ部門を担当する黒澤とまさかの同棲に「まさかのカミングアウトだと思ったら、まさかの別れ。そして一年も月日が経ってまさかの部長との同棲!どうなっていくの!」(33歳女性)と目が離せない展開が続いている。

 

次回の放送でいよいよ最終回を迎えてしまう「おっさんずラブ」だが、すでに「次回で最終回なんて残念すぎる」(38歳男性)と「おっさんずラブ」ロスを予感する意見も見られる。

 

高満足度を連発している今期話題のドラマ「おっさんずラブ」がどのような終着地点を見せるのか、春田、牧、黒澤の関係がどのように変化するのか、最終回も必見である。