14日~15日に放送された藤原竜也主演「リバース」(金曜よる10時)と、亀梨和也主演「ボク、運命の人です。」の初回満足度が出た(速報値の為、変更あり)。それぞれ3・50、3・45(5段階評価)と高満足度の基準3・7を超えるスタートとはならなかった。

面白そうな感想をいくつか発見したので、回答と勝手に会話してみた。

 

○視聴者の声

『リバース』

「宮部みゆきさんの小説が原作だから出来る限り全部見たいと思って見始めた。小説よりも面白くなりそう(62歳女性)」

明らかに勘違いしていらっしゃる。あんなに散々、湊かなえ原作と謳っているのに、なぜ湊かなえ先生から宮部みゆき先生にすり替わってしまったのか?

“み”で始まって、名前ひらがなだからか?

「小説より面白くなりそう」ということは、勘違いしただけと信じたい。

いずれにせよ面白くなりそうと言ってるんだから良いか。

 

「最初、過去に戻る能力なのかと思っていたが、そうではなく普通の人間が主役のストーリーというところに意外性があってよかった(29歳男性)」

個人的には湊かなえ先生原作が念頭にあったせいで思いもよらない感想でびっくりでしたが、「リバース」というタイトルで藤原竜也主演と来たらSFを想像する気持ち、わかります。

藤原竜也が普通の人間で意外性あるて、どんなイメージだよって、藤原竜也の存在について改めて考えさせられるいいきっかけになりました。

とはいえ、勝手に勘違いしときながら、意外性があってよかったという、ポジティブな回答に心が洗われました。

 

『ボク、運命の人です。』

「くどいけど、面白い。知らない男に言われたら本当に恐いし気持ち悪いし絶対に無理。ストーカーだよ。私にも、山Pみたいな、カッコいい神様が、現れないかな。亀梨和也でも、あんな出方してきたら警察呼ぶ(55歳女性)」

褒めて、ツッコんで、うっとりして、もっかいツッコむという、女ごごろと秋の空的な回答が微笑ましいですね。他の回答でもストーカーだと減点してる方もいましたが、こうやってツッコんで、うっとりして、ツッコんで…と、そうやってなんやかんや言いながら楽しむドラマだと思います。

 

「昔、山Pが亀梨の役で三上博史が神様の役で山Pを指導していたドラマのパクリのように思えた(50歳男性)」

よくご存じ、お父さん!

脚本の先生が同じなのですよ!!

詳細を覚えてらっしゃるお父さんでしたら是非、パクリじゃないかって疑って満足度を下げるのではなく、あのドラマのオマージュや、変化や進化、そして放送局の違いによって何が変わるか?そこに注目するとより面白くなるはず。

回答はネガティブっぽいですが、お父さんはちゃんと五つ星つけてます!ありがとう!!お父さん!!(勝手にしつこくお父さん呼ばわりで失礼しました)

 

○4月スタートドラマ 初回満足度速報

集計期間:4月3日(月)~15日(土)20時~23時台スタートのドラマ

1 CRISIS公安機動捜査隊特捜班 満足度3.82

2 警視庁捜査一課9係 満足度3.79

3 母になる 満足度3.67

4 警視庁・捜査一課長 満足度3.66

5 リバース 満足度3.50

6 4号警備 満足度3.48

7 ボク、運命の人です。 満足度3.45

8 ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語   満足度3.43

9 人は見た目が100パーセント 満足度3.18

※速報値の為、変動あり