2017年4月から水曜日のGP帯にてスタートしたバラエティ番組「今夜くらべてみました」と「良かれと思って!」をテレビウォッチャー(2400人から回収)の調査を元に比較してみた。

 

「今夜くらべてみました」とは、日本テレビにて21時から放送されているバラエティである。

徳井義実(チュートリアル)、後藤輝基(フットボールアワー)、指原莉乃、SHELLYがレギュラーを務めており、基本的にはテーマに沿ったゲスト3人をスタジオに呼び、そのテーマに沿ったトークを行う形式となっている。

元々は深夜に放送されていたが、4月からGP帯へと時間枠をずらして放送されている。

 

また「良かれと思って!」とは、フジテレビにて放送された新番組であり、バカリズム、劇団ひとり、カズレーザー(メイプル超合金)、澤部佑(ハライチ)がレギュラーとなり、ゲストに対して『良かれと思って』多少失礼と思えることまで掘り下げようという趣旨のトークバラエティである。

 

両番組とも、時間はずれているものの水曜日に放送されており、ゲストを呼んでのトークバラエティという部類では似た番組となっている。

 

テレビウォッチャー(2400人から回収)の調査によると、5月10日までの両番組の数値は以下の通りである。

「今夜くらべてみました」

4月19日放送回 接触数92・満足度3.59・録画数27

4月26日放送回 接触数67・満足度3.52・録画数22

5月3日放送回  接触数58・満足度3.59・録画数17

5月10日放送回 接触数64・満足度3.45・録画数17

「良かれと思って!」

4月19日放送回 接触数14・満足度2.93・録画数10

5月3日放送回  接触数11・満足度3.27・録画数6

5月10日放送回 接触数16・満足度3.44・録画数6

 

接触数に関しては、深夜の時間帯でファンを掴んでいる「今夜くらべてみました」が圧倒的に勝っていることが分かる。

深夜からGP帯に移動する番組が多いのは、新番組でも確実な接触者が獲得出来ることが強みであることが分かった。

満足度を見ても、「今夜くらべてみました」は高満足度の基準である3.7には達していないものの、安定した数値を記録している。

 

一方接触数、録画数が低数値となっている「良かれと思って!」であるが、初回放送は満足度も低く、満足度2.93を記録してしまった。

これは、レギュラー陣すら手探りであるところが接触者に伝わってしまったことが大きな要因だろう。

アンケートでも「企画の練りが甘いと感じた。出演者の良さが出ておらず、残念」(24歳女性)という意見があり、新規参入番組の弱点を露呈した形となった。

 

しかし、満足度は徐々にではあるが上昇し、5月10日放送回では満足度3.44まで回復している。

まだまだ出演者たちの息が合っておらず、手探り感は拭えないが、次第に良くなってきているということだろう。それが満足度に現れていた。