中居正広がもっとも自分を出す深夜バラエティ、「ナカイの窓」に謹慎明けのNON STYLEの井上が登場した。

「ナカイの窓」とは、テーマに沿ったゲストを呼び、そのテーマについて掘り下げていき、最後には心理カウンセラーによる分析が行われる。

 

5月31日に放送された企画内容は、「NON STYLE井上好き嫌い芸能人」というものであり、本来であれば、昨年の12月21日に放送する予定であったが、井上がその直前に当て逃げ事件を起こしたことで謹慎。放送が見送られていた。

今回、井上の謹慎がとけたことによって無事に放送される運びとなった。

 

テレビウォッチャー(2400人から回収)の調査によると、ナカイの窓「NON STYLE井上好き嫌い芸能人」は接触数33・満足度3.88・録画数17を記録。テレビウォッチャーでは高満足度の基準を3.7と定めており、高満足度を達成した。

 

「NON STYLE井上」の事件前の収録だったこともあり、反省モードの前の、自信満々な勘違いというキャラクターが全面に出ており、今はなかなかみることが出来ない当時の井上をみることができた。

 

事件後の放送であったが、見事高満足度を達成したのだが、井上を受け入れていたかというとそうでは無いようだ。

性別年齢層別の満足度をみてみると、F1層(20~34歳女性)満足度4.00・F2層(35~49歳女性)満足度4.25・F3層(50歳以上女性)満足度3.00・M1層(20~34歳男性)満足度4.50・M2層(35~49歳男性)満足度3.63・M3層(50歳以上男性)満足度3.40となっており、F1層、F2層、M1層は高満足度を記録したものの、F3層、M2層、M3層は高満足度には至っていない。

 

賛否が分かれた理由は井上のキャラクターによるところが大きいようだが、「復帰するのはどうかと思った」(57歳女性)と、まだ復帰を望んでいない声もあった。

 

今回のトークテーマ「NON STYLE井上好き嫌い芸能人」と同じく、接触者も好き嫌いで大きく別れたようである。

それでも番組全体の満足度は3.88と高満足度となっており、『好き』の声の方が大きかったようだ。