フジテレビから毎週水曜23時に放送されているバラエティ番組「TOKIOカケル」は、TOKIOのメンバー(城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也)が司会(主に国分太一)を務め、毎回迎えるゲストともにトークやオリジナルゲームを展開する安定感と見応えがある番組だ。

 

 「テレビウォッチャー」に寄せられた声をみてみると、「トニセンがゲストの回を見たがとてもテンポのいい会話や昔話などが面白かった。カットなしで見せたいと言っていたが、本当にカットなしで放送してほしい。短く感じるほど楽しかった。」(21歳女性)、「アラフォーになるジャニーズの昔話や現在の話など色々知れて面白かった。グループは違っても長年一緒にいる仲間のつながりに感動した。」(53歳女性)、「ジャニーズ年表が好き。ジャニーズ内のことが手に取るように解ったのがよかった」(61歳女性)「ジャニーズ年表もっと見てみたい」(25歳女性)、「トークも企画も面白かった」(41歳男性)、「“生まれて初めて食べる”という企画が面白かった」(27歳女性)など、特にジャニーズタレントがゲストの回に行われる“ジャニーズ年表”という企画がファンでなくてもわかりやすく面白いと人気のようだ。

 

 また、高満足度平均3.70(5段階評価)のところ満足度が一番高かった回は、“ジャニーズ(秘)年表公開!V6グループ内格差…トニセンは苦労人”の回で4.15を記録した。2012年10月10日に放送開始されて今年2017年に5周年を迎える「TOKIOカケル」に、これからも注目が集まるだろう。

 

テレビウォッチャー研究員助手 田島春