毎週日曜12時45分から放送中の「ニノさん」(日テレ)は、嵐の二宮和也がMCを務めていることに加え、二宮にとってこの番組が“初冠バラエティ番組”という点でも注目を集めている。番組概要は、日テレの若手ディレクター5人が各々持ってきた企画を、2週にわたって放送するという内容。企画を決めるのは二宮ではないため、時には難色を見せながらも企画に挑戦する姿が面白いと人気の番組だ。

 「テレビウォッチャー」に寄せられた声を見てみると、「二宮のしゃべりがいつも面白い!」(40歳女性)、「魚嫌いの川柳や、タコの像の名前を公募する企画がおもしろかった。小沢さんが特によい!」(24歳女性)、「気楽にみられる番組。濱口京子さんの天然ぼけが面白かった。」(43歳女性)、「日曜のお昼にやっているゆるくて面白い番組だと思う。色々なテーマでやっているので飽きない。」(43歳女性)など、休日のお昼にまったりと観られることが視聴者から支持を得ている。

 また、満足度で見てみると、5月14日に放送された“悪役=ピカレスク…世間から色眼鏡で見られたピカレスク・塩沢ときの真実”の回が特に高く、平均高満足度の3.70(5段階評価)に対し3.81を記録した(2017年1月から7月上旬分)。

 2週ごとに変わる企画や人気アイドルにも関わらず嫌味のない二宮のMCが、この番組の見所となっている。

 

テレビウォッチャー研究員助手 田島春