7月8日毎週土曜22時から放送中のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」(日テレ)が1話から好スタートをみせた。妻(松岡茉優)には一見仕事ができるように見せていた主人公(錦戸亮)だったが、仕事ができないことがバレてしまう。

 今作の脚本は渡辺千穂によるオリジナルストーリーで、演出は「掟上今日子の備忘録」などを担当した佐藤東弥と小室直子。音楽を担当したのはドラマ「ホタルノヒカリ」、「東京タラレバ娘」など多くの話題作に携わってきた菅野祐悟で、主題歌はアーティストのさだまさしが楽曲を提供したことでも注目を集めている関ジャニ∞「奇跡の人」という、豪華キャスト・スタッフで製作されているホームドラマだ。

 「テレビウォッチャー」に寄せられた意見を見てみると、「“理想の夫”や“理想の生活”といった一昔前の感覚に違和感があったが、世間ずれした印象の妻と、仕事はできないが誠実そうな夫の夫婦関係の今後の展開が楽しみ。」(60歳女性)、「錦戸さんの泣き顔がかわいかった」(25歳女性)、「ちょっと情けない主人公とそれを支える妻の可愛さが良かった。」(48歳女性)「錦戸がこれからどうやって仕事できるようになるのか楽しみだ。」(62歳男性)など、これからの展開に期待が高まる声が届いた。

 1話を観てみると更に、夫を支えるかわいらしい妻(松岡)×仕事ができないながらも一生懸命な夫(錦戸)の今後が気になる。錦戸亮(関ジャニ∞)にとっては今作が“日本テレビでの連ドラ初主演作品”という点にも注目してみていきたい。


テレビウォッチャー研究員助手 田島春