2017年7月13日に待望のドラマ化で話題沸騰中の「セシルのもくろみ」がフジテレビにて放送された(毎週木曜22時放送)。原作は、人気ファッション誌「STORY」で2008から2010年に連載されていた、唯川恵作の同名小説が原作。

 

 物語の概要は、飾り気はないが家族と幸せに暮らしている主人公の主婦(真木よう子)が、ある日ファッション雑誌の読者モデルにスカウトされたことから人生が一変。無縁と思っていたモデル業界で活躍するトップモデルや編集デスク、ライターなどと接するうちに、嫉妬や生存競争、禁断の男女関係などが渦巻くオンナのどろどろとした部分を描きながらも、新しい価値観を見出していくというまさに“大人のオンナのドラマ”である。

 

 「テレビウォッチャー」に寄せられた視聴者の感想を見てみると、「現実的ではないけどこれはこれで楽しめそう!」(49歳女性)、「力抜いて楽しめた。大笑い。展開が楽しみ!」(52歳女性)、「2話にも期待!」(42歳男性)、「やんちゃな主人公に真木さんがピッタリで笑える要素もあるのが良い。各々配役が良いので、気楽に見るには良さそう。」(52歳女性)、「徳井さんがハマり役でよかった」(32歳女性)など、個性的なキャラクターがドラマに味を出し、次週放送の2話に期待の声が多く寄せられた。

 

 初回の視聴率は低かったがまだ初回しか放送されていない段階。これから繰り広げられる美女たちの戦いに注目していきたい。

 

テレビウォッチャー研究員助手 田島春