毎週金曜20時放送の人気音楽番組「ミュージックステーション」(テレ朝)に新たな歴史が刻まれようとしている。

 

 「ミュージックステーション」(略してMステ)が、今年で3回目となる「MUSIC STATION ウルトラFES 2017」で新たな企画を打ち出した。なんと、歌手志望の一般人でもオーディションに勝ち残れば出演できるというもので、プロの歌手を目指す人にとってはとんでもないチャンスに繋がる企画なのである。すでに審査などは始まっており、2017年9月18日に放送予定とされている。

 


 Mステといえば、毎回豪華なアーティストたちが司会のタモリとサブ司会を務める弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)とのトークをしつつ、新曲や名曲を生ライヴで披露する歌番組として知られているが、このようなオーディション企画は番組始まって以来初めてである。

 

 また、「テレビウォッチャー」に寄せられた最近のМステに関する意見をみてみると、「恋歌ランキングがおもしろかったです。」(39歳女性)、「アーティストのいい歌が聴けて良かった。」(35歳男性)、「音楽を聴くと、曲が流れていた当時のことを思い出せて良い。最近の曲も良い曲が出ているなと、興味を持つきっかけになった。」(40歳女性)、「注目のアーティストも出演しているので良い。」(47歳女性)、「多彩なミュージシャンたちの豪華共演で見ごたえがあって良かった」(40歳男性)、「歌番組は気楽にみられると思う。Mステは、色々特集が組まれていたりするので飽きない。」(43歳女性)、「大好きな番組で毎週観ているが、今回はランキングを楽しんで見られた。20世紀の歌も知っているものばかりでよかった。」(36歳女性)など、長年視聴者から愛されていることがわかる。

 

 

 加えて、今年放送した(2017年1月から7月)中でもっとも満足度が高かった回は、1月20日放送の「ミュージックステーション 2時間スペシャル」の回で、高満足度平均(5段階評価)の3.70を上回り3.75を記録した。

 

 この日のゲストはグリーンボーイズ「キセキ」・「声」、INABA / SALAS「AISHI-AISARE」、ブルーノ・マーズ「24K Magic」・「Treasure」、KinKi Kids「薄荷キャンディー」・「もう君以外愛せない」、西野カナ「Dear Bride」・「トリセツ」、back number「ハッピーエンド」、舞祭組「道しるべ」で、特に映画「キセキ -あの日のソビト-」でGReeeeNのメンバーを演じる俳優の菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮からなる4人組ボーカルグループ・グリーンボーイズは放送前から注目が集まった。

 

 そのため「テレビウォッチャー」に寄せられたグリーンボーイズに関する感想は、「グリーンボーイズの歌が良かったです。俳優の菅田将暉の俳優だけに留まらない凄さを感じました。」(53歳女性)、「グリーンボーイズがかっこよかった!」(45歳女性)、「生放送なのがこっちもドキドキして楽しい番組!グリーンボーイズが見たくてみた。」(31歳女性)、「菅田君かっこいい!」(45歳女性)、「恋歌ベストがよかった。なかでもグリーンボーイズきけてうれしかった。」(45歳女性)、「菅田将暉の歌が上手くてびっくりした」(25歳女性)など、俳優だけでなく歌もこなす点にたくさんの賞賛コメントが寄せられた。

 

 

 他にも「ゲストが豪華すぎてドキドキしました。」(43歳女性)、「ブルーノ・マーズを聴けて嬉しかった。」(43歳女性)、「キンキのお二人が懐かしい2曲を歌ってくれたので、嬉しかった。」(37歳女性)、「稲葉/サラスがみたくて録画したが、その他のゲストも豪華で楽しかった」(31歳女性)、「恋歌特集の80年代は懐かしくてよかった。」(52歳男性)など、この回のゲストが海外アーティストのブルーノ・マーズはじめ豪華な面々が揃い、見応えがあった点が高満足度に繋がったようだ。

 

 このように30年以上も続くМステの人気の秘密は、新しい企画に挑戦するチャレンジ精神あふれる番組作りや、新旧問わないアーティストのキャスティングなどにある。これからも旬な音楽情報と豪華なライヴをわたしたちに届けてくれるだろう。

 

 

テレビウォッチャー研究員助手 田島春