関ジャニ∞の錦戸亮が主演をつとめるドラマ「ウチの夫は仕事ができない」の第4話までが放送されており、テレビウォッチャー(毎日2400人から回収)の調査によると、平均接触数80.3・平均満足度3.45・平均録画数80.という数値となっていることがわかった。

 

4話までの時点で、未だに高満足度の基準である3.7を達成しておらず、苦戦を強いられているようだ。

 

「ウチの夫は仕事ができない」とは、見た目、学歴、収入ともに申し分なく、大手イベント会社につとめるものの、実は仕事が出来ない男、小林司(錦戸亮)と、夫である司が、仕事が出来ないと知りつつも縁の下の力持ちとなって支える妻、沙也加(松岡茉優)の奮闘を描いたドラマである。

 

満足度において苦戦中のドラマであるが、男女年齢層別の満足度を見てみると、F1層(20~34歳女性)の平均満足度は3.78と高満足度を達成しており、F1層には好調なことがわかった。

 

テレビウォッチャーが回収したF1層のアンケートを見てみると、「つかさは誠実で偉いなと思った。応援したくなる」(22歳女性)「仕事ができない夫が成長していく姿が良かった」(34歳女性)と夫婦の頑張りを素直に応援しているといった意見が多く見られた。

 

ダメな夫を支える妻の姿は、同じ世代であるF1層の目線から見るとついつい応援したくなるのだろう。

 

また、1話満足度3.352話満足度3.473話満足度3.464話満足度3.51と徐々にではあるが満足度が上昇している。

4話に関しては、F1層だけでなく、M2層(35~49歳男性)も満足度3.83という高満足度を提示している。

 

今までは仕事の出来ない夫の姿に男性の満足度は低かったが、成長している小林司の姿に共感し始めているようだ。

 

接触数と録画数を見ると、満足度が苦戦中の割位には、さほど下降してはいない。接触者の多くは、小林司の成長を待っているのかもしれない。