1月スタートドラマ、満足度・視聴者感想ピックアップ!②「下剋上受験」「スーパーサラリーマン佐江内氏」「A LIFE~愛しき人~」「カルテット」

7c820cf03c7c5ac95e4a1dbdbb9c9044
2017.01.27

1月スタートドラマ、満足度・視聴者感想ピックアップ!②「下剋上受験」「スーパーサラリーマン佐江内氏」「A LIFE~愛しき人~」「カルテット」

 

 ようやく1月にスタートドラマが出揃いました…。

 テレビウォッチャーの初回満足度と感想、そして研究員なりの一言コメント的なものも入れてみました。

 

○『下剋上受験』初回満足度3・49(やや低め)

「内容的には想像がつきそうだけれど、阿部サダヲさんと深田恭子さんのコンビを楽しみたい気がする(44歳女性)」

 

 まさしくおっしゃる通り、このドラマの楽しみ方は定番化したフォーマットの中で動き回るサダヲと深キョンを愛でること。すこしの予定調和も、キャラクターの可愛さで乗り越えられます。とかいいつつ、意外とフォーマットから外してるところ、安易に感動にもっていかないところはこのドラマの良心。個人的に子供の小学校パートは懐かしくて新鮮な気分になるので、その辺のエピソードをもっと広げてくれたらもっと楽しめるかも。

 

○『スーパーサラリーマン佐江内氏』初回満足度3・49(やや低め)

 

「小泉今日子さん役の奥さんがあまりに何もしない人で少し驚きました。正直くだらない内容のように思いましたが、深く考えず観られてよかったです(33歳女性)」

 

「小泉今日子が演じるママは鬼嫁と言うより人間としてどうなのだろうかと思える人物だし、子供たちも微妙に見ていてイライラとしてしまう(44歳男性)」

 

 鬼嫁キョンキョンが賛否両論といった感じ。

 個人的にも、娘が人質になってたのに、嫁(=キョンキョン)はその間寝てて知りませんでしたってオチはかなりギリギリで、ブラックジョークになってんのか?なってないのか混乱しました。

 とはいえ、この空気感。なんやかんや観れちゃう。

 

○「A LIFE~愛しき人~」初回満足度3・46(やや低め)

 

「ドクターXに似ている(31歳男性)」

 

「医療ドラマ、ドクターXのイメージが強くちょっとソフトだった(64歳男性)」

 

 こんなにも前期「ドクターX」と比較する人がいるなんて驚きました。全然違うのに…。

 このドラマは医療ドラマ的面白さよりも、昼ドラ的嫉妬劇も含んだ人間ドラマ的要素に重きを置いた作品に仕上げている…と思う。

 とはいえ、このドラマを人間ドラマ的にどう楽しめばいいのかまだわからない。今後徐々に明らかになってくるかも?

 内容と関係ないけど、初回ラストで明らかになったB’zの新曲が主題歌でした~!っていうサプライズ。本編のうしろでうっすらかけるもんだから、誰も気づかなかったレベル。

 え?これB’z?B’zなのにこんな雑な流し方ある?前情報で聞いてないからB’zなわけ…?って思ってたらやっぱりB’zだった。

 

○「カルテット」初回満足度3・49(やや低め)

 

 ここは視聴者感想なく、研究員のみの意見を僭越ながら…

研究員は以下の記事の通り、自称・坂元先生ファンです。

 

○1月の一押しドラマは月9! 脚本・坂元裕二先生の歴史と共にご紹介します

http://tv-watcher.jp/soliloquy_article/14

 

 正直、率直に言うと、僕が見たかったのはこんなんじゃなかった…です。

 

 坂元先生のポエム(会話)は、幼児虐待~誘拐~逃避行=「Mother」や、犯罪被害者/加害者家族=「それでも、生きてゆく」など、大枠の設定があってこそ、より生かされる…と思ってるんですが、今作はその大枠の設定がなく、それをあえてなくして、ポエム(会話)から浮かび上がるドラマを楽しむ…という趣きなので、大枠の設定をポエムとともにどう解決させていくのか?という、そのダイナミズムがなくなっているのです。大枠を隠すことでよりダイナミズムを感じさせる…という仕組み・構造なのでしょうが…

 

 なんていうんでしょうか。坂元先生はテレビのいい部分、悪い部分、予定調和な部分、はずす部分が全部わかっている方だと思うので、視聴者=僕に衝撃を与える、裏切るシーンが並みじゃないんですよね。

 

 例えば「わたしたちの教科書」第1話ラストで、全話通しレギュラーだと思ってた志田未来ちゃん演じる超重要キーパーソンがあっさり死ぬとか、初WOWOW作品「モザイクジャパン」最終回でち○こ切っちゃうとか…

 すごいんですよ。衝撃が。

 

 その衝撃度がこのドラマではいまんとこなさそう…っていうか、今回はそういうんじゃない方面でいきまっせって感じが、寂しいな…と。

 とはいえ、坂元先生ヒストリー的に見逃せないドラマになることは間違いありません。