祝!月9、30周年記念作品主演!…相葉くんドラマを振り返る

Af0bc87b8f17e3b61aaa79781b5be056
2017.02.13

祝!月9、30周年記念作品主演!…相葉くんドラマを振り返る

 

 いやー、先日発表された月9の新作には驚きました。

 何に驚いたかって、僕、毎クール、ゲツクゲツク言ってて、ことあるごとに、東ラブ・ロンバケ・ラブジェネって言い続けてきたのに(誰に)、そもそも『ゲツク30周年』というメモリアルな事実に驚きました。知らなかった…。

 昨年の月9低迷のあれこれで、月9が終わるだのそうじゃないだのって騒がれてましたが、僕はそのたんびに、社長がロンバケ(亀山社長)だから終わるはずがない!っという武器一本で戦ってきましたが(誰と)、いやー、まさか30周年という武器もあったとは…。

 僕が去年、月9は社長がロンバケだし来年30周年だから終わらすはずがない!むしろ30周年記念作品楽しみ!!ぐらいの二刀流で戦ってたら、誰でも論破できただろうに…(誰を)。

 そしてそれを言えてこそ僕は真の月9通だっただろうに…やっぱり僕なんてはっきり明確に語れるのは2000年代以降作品という“にわか”の30オッサンってことですよ。ホントのバブルなんて知りもしないくせに…。反省。

 だから、月9の30周年記念(なのかどうかはわかんないけど)がラブストーリーじゃないってのには物凄く憤りがあるわけですが、発表のその日まで“30周年”ということを知らなかったわけだからなんも言えねっす。

 

 なことより、相葉くんで、武井咲ちゃんで、仲間由紀恵では?という情報はうすうす知ってたけど、まさか月9最多主演女優ミポリンを担ぎ出してくるなんて!!

 このキャスティングをされた方、月9神すぎて、涙が出てきます。ありがとうございます!!

 しかも、仲間由紀恵はクレジット上、ナカグロ(・)で他の出演者を上下で挟み、「特別出演」という箔までつけてもらってんのに、月9最多主演女優ミポリンに、何の箔も付けないどころか滝藤賢一と松重豊の間にただただ挟むという“ゾンザイ”…たまらん。

 

 っというのは置いといて、相葉くんが主演で、しかも「貴族探偵」とか大丈夫かよ??っと思ったのは僕だけじゃないはず!!(失礼)

 だけど、思い出してみて下さい。相葉くんとフジテレビドラマの相性って意外といいんですよ。

 

○医療ドラマの“怪作”であり傑作!「ラストホープ」

 はじまる前、相葉くんが天才医師とか冗談もいい加減にしろ!と少なくとも僕は思った(何回も失礼)、13年の「ラストホープ」。このドラマは最新の医療事情や、最新医療メカを駆使した医療トリック解明ドラマであり、病気の理由を個性豊かな医師たちが繰り広げる“カンファレンス”によって導き出すという会話劇でもあり、そしてその医師たちの複雑な背景を楽しむ群像劇でもあり、そして凝りに凝ってこねくり回した映像世界を堪能する作品でもあるという、ドラマとしての面白さが幾重にも積み重った、THEテレビドラマ☆ってのだけじゃなく、(以下ネタバレ)主人公がまさかのクローン人間だったという衝撃。そして相葉くん自体、なんかクローンっぽい(大変失礼)という妙なリアリティ。この衝撃は僕ドラマ史上の中でも屈指。しかも、主人公がクローンとか、どう想像したってトンデモドラマなのに、そうは感じさせない海外ドラマのギミックを多用したスタイリッシュな演出。

 傑作なんで、医療ドラマ好きの人で観たことない人は必見!

 

○“怪しいヤツ全員犯人”という衝撃「ようこそ、わが家へ」

 あの池井戸作品に、相葉くんとか重厚感ゼロかよ!と少なくとも僕は思った(もうたいがい失礼)15年の「ようこそ、わが家へ」も傑作。何が傑作かって“怪しいヤツ全員犯人”だから。

ミステリーで、犯人を匂わせる人物は、実は犯人ではなくフェイクであることが多いけど、それがあんまりしつこかったり長々引っ張ったりするとその“思わせぶり”にだいたい萎えちゃう。だけど、このドラマは、犯人を匂わせた人物はほぼ何らかの事件に関わっており逮捕されるという斬新さ。最終回近くになると、目星な奴が誰もいないという衝撃と爽快感。

 10話くらいの連ドラで一つの事件を一人の犯人で引っ張るのは相当なテクニックが必要だし、そもそも誰も想像できない犯人なんて不可能なわけだけど、それを逆手にとったこの開き直りの“全員犯人”テク。しびれました。

 これも一見トンデモドラマ的だけど、すごく抑えた演出でちゃんとしたミステリドラマとして成立してたんで傑作でしょう!

 (以下ネタバレ)犯人が“お前誰”っという禁じ手だったことから賛否あったけど、個人的には最終回まで同じテンションの高さで楽しめたから傑作なのです。

 

 で、そんな次期月9の「貴族探偵」は、「ようこそ、わが家へ」チームが制作します。楽しみにしないでどうする!!!