東出昌大の“怪演”再び…新たなキャストで描かれるスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」

E8c263ca709b704df6f83fa003d8a0d9
2017.10.02

東出昌大の“怪演”再び…新たなキャストで描かれるスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」


 18日深夜にWOWOWプライムで「予兆 散歩する侵略者」(毎週月曜深夜0時)がスタートした。今作は現在公開中の映画「散歩する侵略者」のスピンオフドラマで、映画とは一味違う世界観でさらに楽しめるアナザーストーリーを展開している。

 

 地球侵略のために人間の“概念”を次々奪っていく“侵略者”との攻防を描いた今作は、映画版では侵略者となり豹変してまった夫とその妻の葛藤をラブストーリーの要素も交え描いたのに対し、ドラマ版では夏帆と染谷将太演じる夫婦に、東出昌大扮する侵略者がじわじわと生活を脅かしていく恐怖をじっくり丁寧に描いている。映画と同じく今作の監督である黒沢清と、「リング」シリーズの脚本で知られる高橋洋がタッグを組んだことで、サスペンス的な演出もふんだんに盛り込まれており、「家族」という概念を奪われた主人公の同僚が、父親を“幽霊”と思い込み精神を病んでしまうという導入部はドラマならではの切り口と言えるだろう。

 

 中でも注目なのは侵略者演じる東出昌大の“怪演”。映画版でも全く違った役どころで登場する東出だがどちらにも共通するのは、怪しすぎるキャラクター。今年4月期のヒットドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS)でも、不倫されてしまったことで、妻へ異常な執着をみせる怪しいキャラを好演していたが、今作はそのさらに上を行く怪しさで、無表情で「地球を侵略しに来た」と告げる姿はSF的で現実にはありえない設定、台詞にも関わらず妙なリアリティーを放っている。

 

 データニュース社が行なっているWOWOW加入者を対象とした「WOWOWウォッチャー」(毎日1000人にアンケート)によると、「概念を奪う宇宙人の目的って?」(51歳男性)、「今後の展開が気になる!」(52歳男性)など、意外にも50歳以上の男性(M3)からの支持が高く、第2話までの全体満足度は3・50(5段階評価)だが、M3層は3・72と高満足度の基準3・7を超えている。

 

 スピンオフドラマといえ、映画版にも出演する東出の怪演も含め全く違うテイストを楽しめるという良質な作品に仕上がっている。注目だ。


○映画『散歩する侵略者』は全国公開中。 スピンオフドラマ『予兆 散歩する侵略者』は毎週月曜深夜0:00よりWOWOWプライムにて放送中。

 『予兆 散歩する侵略者』特設サイト http://www.wowow.co.jp/drama/sanpo/