刺激的な内容で高満足度獲得!堤真一主演のWOWOW新ドラマ「名刺ゲーム」

014d1c1c639494866c546631bdaf591c
2017.12.08

刺激的な内容で高満足度獲得!堤真一主演のWOWOW新ドラマ「名刺ゲーム」


2日にWOWOWプライムで堤真一主演の「連続ドラマW 名刺ゲーム」(毎週土曜よる10時)がスタートした。今作は現役の人気放送作家・鈴木おさむが執筆した同名小説が原作で、テレビ業界の闇や日本社会の縮図を“ショッキングなゲーム”を使って浮かび上がらせる新たなヒューマン・サスペンスとして仕上がっている。

 

ある密室に監禁された人気クイズ番組のプロデューサー(堤真一)が、謎の男X(岡田将生)によって自分と娘の命がかかった“名刺ゲーム”へ強制的に参加させられる。“名刺ゲーム”とは、室内にばらまかれた名刺の中から彼に恨みを持つという3人のものを見つけ出し正しく受け渡すというもので、さもなければ自分と娘の首に仕掛けられた爆弾が爆発するという恐ろしいルール。荒唐無稽な設定だが、素人同然だったテレビマンの主人公がヒットメーカーへと成長するにつれ知らず知らずのうちに傲慢になっていく様や、その傲慢さによって人生を狂わされた人物たちの悲劇がリアリティーたっぷりに描かれている。また地上波ではみられないショッキングな演出もあり、物語の展開だけでなく映像でも油断できない作品に仕上がっている。

 

データニュース社が行なっているWOWOW加入者を対象とした「WOWOWウォッチャー」によると「内容が過激」(58歳女性)、「爆発など怖いシーンでドキドキ」(28歳男性)など、刺激的な内容に驚きの声も寄せられているのだが満足度は高く、初回3・77(5段階評価)と高満足度の基準3・7以上を記録する好スタートを切った。また「ハラハラして面白かった!」(55歳女性)、「堤真一がちょっと嫌な感じのキャラクターだが、それ以上にシャクにさわるキャラの岡田将生のおかげで感情移入出来る」(51歳女性)など、展開されるゲームの面白さはもちろん、登場するキャラクターの面白さも満足度を高めている。

 

現在同局では「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」(毎週日曜よる10時)を放送中。「石つぶて」がリアル感のある演出で社会問題を克明に描写しているのに対し、今作は非現実な設定の中に共感できるポイントを散りばめることでじわじわと社会問題が浮かび上がらせるという、全く違うアプローチに挑戦している点が面白い。こちらも見逃せない作品になりそうだ。

 

○連続ドラマW 名刺ゲーム |WOWOW

http://www.wowow.co.jp/dramaw/meishi/