2017年ドラマWランキング!満足度1位は池井戸潤原作「アキラとあきら」

B517921b28462cda47c26aa9d996818b
2018.01.13

2017年ドラマWランキング!満足度1位は池井戸潤原作「アキラとあきら」

ドラマWとは、WOWOW放送が独自制作しているドラマ枠であり、スポンサーに左右されないWOWOWだから制作することのできる、質の高いドラマを多く排出している。

 

そんなドラマWを、WOWOWウォッチャー(WOWOW加入者1000人から回収)の調査を元に、2017年に初放送された作品をランキングにした。

 

平均接触数ランキング

1位 平均接触数25.6「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課」

2位 平均接触数23.3「犯罪症候群Season2

3位 平均接触数23.0「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」

 

佐藤浩市主演の「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課」が接触数ランキングでは1位に輝いた。

 

平均録画数ランキング

1位 録画数92「稲垣家の喪主」(単発ドラマ)

2位 平均満足度87「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」

3位 平均満足度84.8「アキラとあきら」

 

1位には、WOWOWが新人脚本家を発掘するためのコンスタント「第9WOWOWシナリオ大賞」の受賞作品が録画数では1位に輝いた。

また、1話の録画数でみると「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」の第1話が記録した録画数104が最高値となった。

 

満足度ランキング

1位 平均満足度4.16「アキラとあきら」

2位 平均満足度4.06「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」

3位 平均満足度4.06「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課」

 

ドラマWはそのクオリティの高さから満足度が高くなる傾向にあり、2017年に放送されたドラマW全ての平均満足度は3.97となっている。

その中でも最も高い満足度を獲得したのは、向井理と斎藤工のW主演となった「アキラとあきら」であった。

「アキラとあきら」は池井戸潤原作のドラマとなっており、地上波で年間No.1満足度に輝いた「陸王」と合わせ、ドラマWでも池井戸潤原作が一際輝く結果となった。