2018年「第90回アカデミー賞授賞式」の満足度は?

4876f9e40db53ab48ad695e548904edf
2018.03.12

2018年「第90回アカデミー賞授賞式」の満足度は?

 「第90回アカデミー賞授賞式」が35日にWOWOWプライムにて放送された。「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞、監督賞など最多4部門を受賞し話題を集めた授賞式となった。

 

WOWOWウォッチャー(WOWOW加入者1000人から回収)の調査によると、生中継、字幕放送(録画)の2回の数値は以下のようになっている。

 

生中継 接触数45・満足度3.87・録画数38

字幕版 接触数41・満足度4.05・録画数63

 

今年の目玉は、「シェイプ・オブ・ウォーター」の最多4部門受賞だが、日本人としてはウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」で特殊メイクを担当した辻一弘が日本人で初めてメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したことが、最注目の出来事となったようだ。

 

WOWOWウォチャーが回収したアンケートでも「日本人の受賞良かったですね。誇りです」(64歳男性)「辻さんの受賞は嬉しかったです」(58歳男性)と日本人受賞者を喜ぶ声が多くみられた。

 

2017年「第89回アカデミー賞授賞式」では、「ラ・ラ・ランド」といった話題作があったことや、作品賞を発表する際に「ラ・ラ・ランド」と「ムーンライト」を間違えるというハプニングもあったことで、生中継満足度3.80・字幕版満足度4.02と高い満足度を獲得していたが、今年の放送では去年の高満足度を更に上回ってみせた。

 

辻一弘の受賞は、高い満足度を与えてくれたようだ。