第89回アカデミー賞受賞作特集!満足度比較

427dd8b1b00dbfee44be09d4e7d2b95d
2018.03.14

第89回アカデミー賞受賞作特集!満足度比較

WOWOWにて、第90回アカデミー賞授賞式が放送された。その放送に合わせて、第89回で受賞した作品が初放送された。

 

WOWOWウォッチャー(WOWOW加入者1000人から回収)の調査を元に、第89回アカデミー賞授賞の主要作品「ラ・ラ・ランド」「ムーンライト」「ハクソー・リッジ」3作品の初放送データを比較した。

 

「ムーンライト(字幕版)」接触数17・満足度3.53・録画数83

作品賞をはじめ、計3部門を受賞。授賞式では誤って「ラ・ラ・ランド」の名前が挙げられるというハプニングで、注目を集めた作品である。

貧困、麻薬、LGBTなどの問題を詰め込んだ内容となっており、WOWOWウォッチャーの調査では「う~ん・・・好き嫌いが分かれる作品だと思う」(68歳男性)「共感できないような感じだった」(54歳男性)という意見が見られた。その結果、満足度は比較3作品では最も低くなってしまったようだ。

 

「ラ・ラ・ランド(字幕版)」接触数45・満足度3.60・録画数143

映画「セッション」で話題を集めた新進気鋭の監督・D・チャゼルが監督賞を受賞した作品である。

比較3作品の中では、接触数と録画数で圧倒する数値を記録した。

「ラ・ラ・ランド」はアカデミー賞授賞以前から話題を集めており、日本では作品賞を授賞した「ムーンライト」以上の知名度をもっている。

ただし、日本人には馴染みの薄いミュージカルであったため、満足度は3.60と伸び悩んでしまった。

 

「ハクソー・リッジ(字幕版)」接触数11・満足度3.82・録画数49

メル・ギブソン監督の、衛生兵にスポットを当てた実話を元にした映画であり、編集賞と録音賞の2部門を受賞している。

接触数と録画数とは、他2作品に遅れをとったものの、満足度に関しては圧倒してみせた。

「ハクソー・リッジ」第二次世界大戦が舞台の映画であり、上官や周囲の兵士たちから嫌がらせを受けるようとも決して銃を手に取らず、衛生兵として活躍した青年、デズモンド・ドスを描いている。

戦争という無慈悲の暴力の中でも、命の尊さと大切さを問う映画となっており、視聴者の心に刺さったようだ。

 

WOWOWウォッチーの調査では、第89回アカデミー賞の主要映画では、「ハクソー・リッジ」が高い満足度を記録してみせた。