今年最高のスタートダッシュ!WOWOWドラマ「イノセント・デイズ」が好調

817b0849e512b2422e0f96ef5d7508d1
2018.03.24

今年最高のスタートダッシュ!WOWOWドラマ「イノセント・デイズ」が好調

18日にスタートした妻夫木聡主演「連続ドラマW イノセント・デイズ」(WOWOWプライム、毎週日曜よる10時)が好調なスタートを切った。

 

今作は妻夫木聡が3年半ぶりの連続ドラマ主演を務め、WOWOWドラマは初登場となる。妻夫木は主演だけでなく企画も携わっており、原作者は14年に公開された映画「ぼくたちの家族」の早見和真、監督は昨年公開された「愚行録」で初メガホンをとった石川慶、脚本は連ドラ初主演だった「ブラックジャックによろしく」(03年、TBS)の後藤法子と、いずれも映画やドラマで妻夫木が主演を務めてきた作品の制作陣が集結。また連ドラでは「ランチの女王」(02年、フジ)以来の竹内結子との共演など、彼の培ってきたものが存分に生かされている。

 

物語は死刑判決が下された幼なじみ(竹内結子)の無実を信じて、主人公がかつて約束を誓い合った仲間とともに真相へ迫っていくというもの。“虐待”、“強盗致傷事件”、“ストーカー”、“整形”など彼女の人生を追ううちに見えてくる壮絶な過去と、その裏に隠された真実が解き明かされていくミステリーや、確定した死刑判決を覆せるのか?リミットが迫る中で奔走するサスペンス、そして主人公の幼馴染で共に真実を突き止めていく弁護士に新井浩文、拘置所内で彼女の担当となる新米刑務官に芳根京子のほか、余貴美子、石橋蓮司、ともさかりえ、長谷川京子と豪華キャストが演じる女性死刑囚の関係者にもスポットをあてた人間ドラマなど、様々な要素が絡んだ作品に仕上がっている。

 

データニュース社が行なっているWOWOW加入者を対象とした視聴状況調査「WOWOWウォッチャー」(対象1000人)によると、「原作が好きなので見たけど面白かった」(33歳男性)、「原作を読み見たいと思っていましたが、ドラマも良かった」(62歳女性)と原作を知る視聴者も納得の出来で、そうでない視聴者も「キャストも豪華でこれからの展開が凄く気になります」(53歳女性)、「個性的なキャストと重厚な演技、独特な映像でとても興味深く観ることができた」(36歳男性)など、骨太な内容はもちろん実力派キャスト陣に期待が膨らむ初回だったようだ。満足度も4・00(5段階評価)と、単純比較はできないが、地上波も含めた今年放送のドラマで「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS)の初回3・97を上回る最高のスタートダッシュを決めた。

 

地上波に負けない豪華キャストと真似できない重厚感のある作品。まさにWOWOWだからこそできるドラマで見逃せない。