WOWOWが初放送で吹替版を選択! 字幕と吹替。どちらを選ぶ? 2作品にて検証

B89134a4f26653406cdbeb788c93b727
2017.05.16

WOWOWが初放送で吹替版を選択! 字幕と吹替。どちらを選ぶ? 2作品にて検証

ジョニー・デップ主演「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」が5月3日にWOWOW初放送された。

その初放送は、なんと吹替版であった。

 

洋画の初放送は字幕版で放送されることが多く、2017年1月から5月13日までで初放送が吹替版だったのは4作品のみ、そのうち大作映画は「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」だけとなっている。

 

その後、5月13日に字幕版も放送されており、WOWOWウォッチャー(WOWOW加入者1000人から回収)の調査によると、「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の吹替版と字幕版の数値は以下の通りである。

 

「吹替版」 接触数16・満足度4.13・録画数56

「字幕版」 接触数14・満足度4.07・録画数62

 

初放送というアドバンテージがあったものの、接触数において、吹替版が勝る結果となった。

録画数は字幕版が勝ったものの、肝心の満足度においても吹替版がより高い満足度を記録した。

 

また5月に初放送された洋画に「ゴーストバスターズ(2016)」がある。

こちらの初放送は字幕版であったが、字幕版と吹替版の数値は以下である。

 

「吹替版」 接触数37・満足度3.84・録画数37

「字幕版」 接触数21・満足度3.76・録画数79

 

「ゴーストバスターズ(2016)」でも録画数こそ字幕版が勝ったが、接触数と満足度においては吹替版が高い数値を獲得した。

 

洋画を見るときは、字幕と吹替はよく意見の分かれる部分ではあるが、今回の結果だけみると、吹替版が勝ったようだ。

 

今後、WOWOWでも初放送が吹替ということが増えてくるのかもしれない。