3社共同制作ドラマ「銭形警部」日テレ版Hulu版も含めた9作品が一挙放送

9e6221b91fb76d1849c6dcdfe9ff870f
2017.05.20

3社共同制作ドラマ「銭形警部」日テレ版Hulu版も含めた9作品が一挙放送

ドラマ「銭形警部」とは、ルパン三世の好敵手と知られる銭形のとっつぁんを主軸に鈴木亮介を主演に実写ドラマ化したものである。

 

本作は『ZENIGATA PROJECT』として日本テレビ、WOWOW、Huluで共同製作されており、3社ごとに異なるストーリーが展開されている。

日本テレビ版では、2月10日の「金曜ロードSHOW!」枠にて単発ドラマとして、WOWOW・Huluは全4話の連続ドラマとしてそれぞれ放送・配信されており、テレビウォッチャー(2400人から回収)によると、日テレの「金曜ロードSHOW!」での放送は、接触数121・満足度3.40・録画数96となった。

 

また、WOWOWウォッチャー(WOWOW加入者1000人から回収)の調査によると、WOWOW版のドラマW「銭形警部」全4話の初回放送の数値は以下となっている。

 

1話 接触数31・満足度3.97・録画数104

2話 接触数20・満足度4.23・録画数90

3話 接触数20・満足度3.85・録画数74

4話 接触数19・満足度3.74・録画数80

 

全4話の平均満足度は3.95を記録しており、高満足度の基準3.7を大きく超える満足度を記録している。

 

そんなドラマ「銭形警部」が、日テレ版、Hulu版、WOWOW版の全9作品が5月21日に一挙放送される。

 

日テレ版では銭形警部(鈴木亮介)に加えて捜査一課の刑事として桜庭夏希(前田敦子)と国木田晋太郎(三浦貴大)が捜査に加わっていたが、WOWOW版では銭形警部と国木田晋太郎がバディを組み、Hulu版では銭形警部と桜庭夏希がバディを組んでいる。

 

また演出などもそれぞれの社によって変わっており、各社の特徴が出た作品となっている。

 

Hulu版は、今回WOWOWでは初めて放送される。

ルパン三世の宿敵として有名な銭形警部に、それぞれの社の色がどのように反映されているのか、WOWOWウォッチャーによる満足度調査が楽しみである。