WOWOW満足度ランキング 1位は岡田准一主演「SP 革命篇」

00c5e2192d8308a26b8cd0b6799322bb
2017.06.05

WOWOW満足度ランキング 1位は岡田准一主演「SP 革命篇」

WOWOWウォッチャー(WOWOW加入者1000人から回収)の調査による、5月のWOWOW満足度ランキングが発表された。(接触数20以上)

そのランキングは以下の通りである。

 

1位 満足度4.43 「SP 革命篇」

2位 満足度4.29 「[初]NBAプレーオフ東決勝 キャバリアーズvsセルティックス第2戦」

3位 満足度4.25 「レミーのおいしいレストラン(字幕版)

4位 満足度4.23 「アリス・イン・ワンダーランド(字幕版)

5位 満足度4.22 「最強のふたり(字幕版)

 

満足度1位に輝いた「SP 革命篇」は岡田准一が主演を務めたドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版であり「革命編」は完結編となっている。

格闘技のインストラクター資格を多数持つ岡田准一が、新しい形のアクションを提唱した本作は、今では当たり前となった接近格闘アクションの先駆けとなっており、迫力のあるシーンに見ごたえがある。

本作は原作・脚本を直木賞作家である金城一紀が務めており、現在フジテレビにて放送中のテレビドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」も同じく金城一紀が手がけたドラマである。

 

2位には、NBAの頂点を決する「NBAプレーオフ」のキャバリアーズvsセルティックス第2戦が数々の名作映画を抑えてランクインした。

 

キャバリアーズvsセルティックス第2戦はキャバリアーズが130対86で圧勝した試合であった。

前半で41点差が開いており、これはプレーオフ史上最多の点差である。

この熱戦に接触者の多くも興奮したようで「キャバリアーズが強くて良い」(31歳女性)「凄い試合でした」(61歳男性)と興奮を隠せない意見が多く見られた。

 

国内でもバスケットのプロリーグBリーグが発足し、盛り上がりをみせている。今後、国内外のバスケットボールの注目がより高まっていくことだろう。